しくじりアフィリ先生

それでもなんとかメシを食ってます。僕のしくじりの一部を披露します。良い答えが返せるかどうかわかりませんが質問してきていいよ。

【体験談】会社創業すぐでも法人クレジットカード作れる方法

f:id:twisterkun:20160401105632p:plain

 

今日は法人用のクレジットカードについての話です。

若干釣り気味のタイトルですみません。

今うちの会社は3期目ですが、2期目の最後にクレジットカードを作ることができました。

 イラストのブラックカードは、いつかは持ちたいという、ただの願望です。

たぶん、法人成りした直後、クレカを持ちたくても持てないという人は多いと思うので、参考になればと思います。

 

クレカ会社の件数獲得強化月間を狙う

 いきなり結論から入りますが、クレジットカードの新規獲得強化のタイミングで申込するのが、審査に通る確率は上がります。

 

 クレジットカード会社も営業成績が問われます。

 営業成績の中でも一番重要なのは新規獲得件数です。

 クレカ会社が、新規獲得に一番力を入れているタイミングを狙って申し込むと、審査通りやすいです。

 

いつがベストのタイミングか?

 一般論的なことを言えば、一番通りやすいのは3月の年度末です。

 年間のノルマが課せられているので、その目標達成のために多少審査が柔軟になる可能性もあります。

 大手のクレジットカード会社はほとんど3月決算でしょう。

 

クレカではないですが、私は2月に銀行から融資を受けました。

担当者の話によると、2,3月は銀行融資も最も通りやすくなるそうです。

 

twisterkun.hatenablog.com

 

 ただし、決算月以外にも件数獲得に力を入れている月はあります。

 ちなみに私が申込んだのは6月でした。

 6月なんてノーマークですよね。

 確かな情報がないと、知り得ません。

 

 強化月間がいつなのか?を知る方法は2つあると思います。

 

新規獲得に力を入れてるタイミングを知る方法

1.CMや販促をチェックする

  クレカ会社でも有力どころ、例えば三井住友VISAのや楽天カードなどは、強化したい時はCMの露出量が増えます。

  雑誌広告なども増えるでしょうね。

  そういうタイミングを狙って入るという方法があります。

  ただ、細かいことを言うと、CMや広告で広く集めたいのは個人の顧客です。

  法人顧客の審査も甘くなるのかは定かではありません。

 

2.金融機関の取引担当者に聞く

  会社経営、もしくは個人事業者であれば、一つは法人口座を持っているでしょう。

  口座のある金融機関の担当者から聞き出すのが一番確実です。

  私の場合もそうでした。

  今だったら審査に通る可能性が高いですよということで、勧められました。

 

  ゴールドカードも通るかも?というお話だったので、勢いに乗ってゴールドに申込ましたが、さすがにゴールドカードは落とされました(泣)

  ゴールドを申しこんでおいて、クラシックカードで通してもらうというのも、ひとつの作戦かもしれませんね。

 

担当者に聞く場合のデメリット

  ただしこの方法にはデメリットが2つ。

  取引金融機関の関連カードしか作れないということです。

  「今、このカード獲得強化してますよ」と教えてもらって、申し込むことになるので、選択の余地はありません。

  例えば、三菱東京UFJ銀行に口座がある場合だったらUFJニコスカード、三井住友銀行だったら、三井住友VISAカードというふうに、カードと金融機関が紐付いていることが条件になります。

 

  もうひとつのデメリットは、大手銀行担当者からはそういう情報が回ってこないことです。

  例えば三菱東京UFJ銀行レベルになると、開業したての零細企業などは、口座を作らせてくれないことすらあります。

  なので、言ってみれば、そこまで高飛車なメガバンクから、吹けば飛ぶような零細起業においしい情報など回ってくるはずもありません。

 

  大手に口座を持つことは、取引先との決済上悪くないですが、懇意にしたいと思うなら、地銀、信金レベルになります。

 

  ちなみに私が作ったのも「しんきんVISAカードでした。

www.shinkincard.co.jp

  

  正直、申し込むまで、そんなカードがあることすら知りませんでした(汗

  ただ、一般的なVISAカードとなんら変わりありません。

  私の場合は特にこだわりもなかったので、これで十分です。

 

 

それでも審査に落ちた場合

  審査が通りやすいタイミングで申し込んでも落ちることはあります。

  それは、会社の業績などにも関係してきますから仕方ないですね。

  そういう時は法人名義のカードは我慢するしかありません。

 

  決済用にどうしてもクレカが必要というのであれば、社長個人名義のカードを法人用として使うという方法があります。

  おそらく、個人事業主の方などはそうされてる方が多いでしょう。

 

 大切なのは個人の買い物と、事業用の決済をごちゃまぜにしないということです。

 経理の時にとてもめんどくさくなります。

 

 もし、クレカ審査に通らなかったら、しばらくは個人名義のカードを法人用で使いましょう。

 

まとめ:審査甘いはあてにならない。確かな情報は人づてで

 ネット上の「審査が甘いクレジットカード」情報は正直宛になりません。

 自分がやっていてわかるんですが、クレカのアフィリエイトで紹介しているだけのサイトがとても多いです。

 成果報酬がもらえればいいという考えで運営しているサイトも中にはあるので(人のことは言えないけど・・・)、本当にそのクレカの審査が甘いかどうかアヤシイものです。

 

 だからといって、闇雲にカード審査申し込むわけにもいきませんからね。

 やはり、確かな情報を得たい場合は、人づてに聞くというのが大切だと思います。