読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しくじりアフィリ先生

それでもなんとかメシを食ってます。僕のしくじりの一部を披露します。良い答えが返せるかどうかわかりませんが質問してきていいよ。

クラウドワークスのライター選びに失敗しすぎてるので、誰か助けて欲しい

どうもしくじりです。

今年2月あたりからサイトの順位変動が、激しく、気持ちも落ち着きません。

 

特に一昨年以前に作ったサイトの変動が激しいですね。

去年くらいから、記事は力を入れて作ってるので、そちらのほうは比較的マシです。

 

今までゴリゴリのブラックSEOでやっていた人も、悲しいくらいサイトがポンポン星になっていくので、仕方なく、コンテンツに力を入れてるというケースも多いでしょう。

 

自分で原稿が書ける人はいいですが、書けない人は人に頼まないといけません。

また、普段は自分で書く人でも、どうしても書けないジャンルもあります。

そういう時は外注に頼らざるを得ません。

実際、うちでもクラウドソーシングはよく使ってます。

 

昔はランサーズが多かったのですが、クラウドワークスを使うことも増えてきました。

理由は、募集すると反応が多いからです。

案件にもよりますが、ライティングは集まりがいいですね。

でも、集まりがいいぶん、取引してはいけないモラルが低いライターさんも多いわけです。

 

失敗理由は、記事内容よりも納期遅れ、コミュニケーション不足

ライターさんに「あちゃー」と思う理由は色々あると思いますが、うちの場合は、記事の中身ではないですね。

納期を守らない人が多い。

最悪、連絡がつかなくなる人もいました。

そうなれば、最後通告するしかなくなります。こんなかんじで。

 

f:id:twisterkun:20170516151554j:plain

 

突然飛んじゃう人でも、最初はすごくレスが早いんですよ。

でも、納期が近づくと、突然反応が悪くなる。

 

そして、決まって体調が悪くなる(苦笑)

最悪の場合は入院しちゃったりします。

 

 

突発的な病気の場合はわかるんですが、「検査入院します」っていって、連絡が取れなくなる場合があります。

検査で入院予定がわかってるなら、仕事引き受けんなよってかんじです(笑)。

 

報酬単価で解決できない部分もある

ライターさんに限らず、安かろう悪かろうというのは、何の商売でも同じことだと思います。

ライターさんを買い叩きすぎると、良い記事が集まらないのは仕方ないことです。

 

そう思って、思い切ってある案件はいつもの2倍の単価にしました。

そうすると、3倍近くの応募があったんです!

 

少ない応募の中から思案しながら任せるよりも、よりどりみどりの状態で、ベストな人に任せられるほうが、お金はかかるけど幸せかな。と思ってました。

 

しかし!

 

今度は、単価に見合う記事を書く自信がないという理由で、丁重にお断りされちゃいました。しかも、納期過ぎてから。

じゃあ、なんで応募してきたのよ・・・。

 

安い報酬だと軽く見られて飛んじゃうし、高いとプレッシャーに感じられて、お断りされる。もうどうすればいいんでしょ。

 

背景には、ライターをぞんざいに扱う依頼者がある?

クラウドソーシングは依頼者と受注者で成り立ってます。

こういうモラルが低い受注者がいる背景には、ライターを安くで買い叩いて、使い捨てにする、悪質な依頼者がいるんだろうな~と思います。

 

良い記事をコンスタントに、スムースに納品してもらって、お互いに成功しようっていう発想がないんでしょうね。

 

 記事テストしても意味なし。どなたかお知恵を貸してください

初めてお取引するライターさんは、どういう記事を書くのか見たいので、お試しで1記事先に納品してもらいます。

そこまでは、とてもスムースなんですが、いざ本番、残りの数十記事になると、急にスローダウンします。

納期を超えても連絡してこない。

催促してはじめて「すみません」っていうメールがくる。

せめて、遅れます連絡をするのが、マナーだと思いません?

 

とりあえず、コミュニケーションがしっかり取れて納期に遅れないライターさんの見分け方ってありますかね?

 

どなたか本気で教えて欲しいです。

ブログの記事にしていただけたら、全力でブクマします(笑)

 

とりあえず、最近は募集条件のところに、「健康な方」っていう、現場仕事のような項目を付け加えました。

 

みなさんのご意見お待ちしておりますm(__)m