読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しくじりアフィリ先生

それでもなんとかメシを食ってます。僕のしくじりの一部を披露します。良い答えが返せるかどうかわかりませんが質問してきていいよ。

初心者がアフィリエイトで参入するジャンルについての考え方

どうも、アフィリ先生です。

さきほど丸山塾の丸山さんとスカイプでお話をしました。

 

丸山さんとサシでスカイプするのは4期の丸山塾以来、4年ぶりくらいです。

私もアフィリをはじめて長くなりますが、丸山さんのお話は、いつも気づかされることが多いです。

7期継続してよかったー^^

 

スカイプでは、稼ぎのジャンルについても話が出ました。

要は、今上がりやすいキーワードで攻めるという話しでした。

 

参入ジャンルを決めることは重要です。

特に、初心者の方の場合は、ジャンルは絞ったほうがいいですね。

ジャンルを絞ると、そのジャンルへの知識が溜まりやすいですし、あと、SEO用の被リンクサイトなども集中して作ることができます。

 

基本は、自分に身近なジャンル、または興味があるジャンルから入るのがセオリーですが、ライバル競合を避けるなら、「え?こんなジャンルを攻めるの」というジャンルに参入するのも悪くありません。

 

今、募集中の石田塾8期の入塾特典にもつけてますが、経験豊富なアフィリエイターでも知らない、稼げるジャンルがけっこうあります。

 

twisterkun.hatenablog.com

 

できれば、これからアフィリエイトを始める方は1つか2つくらいに絞りましょう。

 

ジャンルを考える時の4つのフェーズ

アフィリエイトにはありとあらゆるジャンルがあるので、どこを重点ジャンルにしようか悩む人は多いと思いますが、どういう攻め方をするかという、ひとつの考え方を示しておきたいと思います。

 

ジャンル選びには4つのフェーズがあると考えます。

 

f:id:twisterkun:20161130153635p:plain

 

 

 

簡単に図にするとこんなかんじでしょうか。

 

  1. ライバル多いジャンルのビッグワード
  2. ライバル多いジャンルのニッチワード
  3. ライバル少ないジャンルのビッグワード
  4. ライバル少ないジャンルのニッチワード

 

ライバル多いジャンルのビッグワード

 1件あたりの単価高めで、参入ライバルも多い、上位表示すると1サイトだけで月間数百万円になるというジャンルとキーワードです。

 キーワード例)「キャッシング 即日」「車 売る」「全身脱毛」「育毛剤 ランキング」

 

ライバル多いジャンルのニッチワード

 1件あたりの単価高めですが、ライバルが少なめ。上位表示すると、1サイトあたり十数万円から数万円。

 キーワード例)「酵素ドリンク 本当に痩せる」「土日借りれる キャッシング」「白髪染め 色落ちしない」

 

ライバル少ないジャンルのビッグワード

 1件あたりの単価は高くなく、ライバルはそれほど多くない。でも上位表示すると、1サイトあたりの売上が数十万から100万円くらいには届くというキーワードを攻めるものです。

 「婚活サイト おすすめ」「格安スマホ 人気」「美白コスメ 口コミ」

 

ライバル少ないジャンルのニッチワード

1件あたりの単価は高くなく、ライバルはそれほど多くない。上位表示しても、月の売上が1,2万円から数千円レベルです。

  「ビトン ダミエ 買取」「クリスマスプレゼント 初めての彼女」「医療事務 学校 新宿」

 

競合のビッグキーワードとニッチジャンルのニッチワードは避ける

まず、考えなくていいフェーズが2つあります。

ひとつは、ライバル多いジャンルのビッグワードです。

SEOがよっぽど得意な人以外はやってはいけません。

 

上位表示にお金も時間もかかります。その上最近は、Googleからのペナルティも受けやすいので、上位表示が水の泡になる可能性も高いです。

少なくとも初心者は絶対やるべきではない、ゾーンです。

 

もうひとつは、ライバル少ないジャンルのニッチワードです。

これは確かに、稼げるかもしれませんが、売上が積み上がるのが遅いです。

また、サイト制作に必要な時間については、ニッチジャンルも有名競合ジャンルもかわりません。

なので、もう少し売上を意識してジャンルとキーワードを選んでも良いと思います。

 

取り組むなら、競合ジャンルのニッチか、ニッチジャンルの競合ワード

 一番のおすすめは、競合ジャンルのニッチキーワードですね。

 

 少ない作業工数で、効率よく稼げます。

 脱毛、探偵、、出会い系、車買取など、キーワードが多いジャンルに取り組めば、アフィリエイト経験が少ない人でも十分に稼げると思います。

 

 変に知識のある人は、こういうジャンルは、ライバルが強すぎて、自分が稼ぐ余地がないんじゃないかと考えがちですが、臆せず、どんどんサイトを作っていった人が稼げると思います。

 

 ニッチジャンルの競合が多いワード狙いについては、そのジャンルに自分が知識豊富な場合はありだと思います。

 例えばペット関連などはニッチジャンルだと思いますが、「無添加 ドッグフード」などのキーワードで上位表示すると、月間50万円以上の売上にはなるでしょう。

 

 犬を実際に飼っていて、ドッグフード選びに気を使っているという人なら、コンテンツは書けますよね。

 

 

まとめ:ASP管理画面で、広告の研究をするのも仕事

 アフィリエイトのジャンルについては、ASPの担当者に聞くのが一番です。

 でも、初心者の場合は担当もついていませんし、何をやればいいのかわからないという人も多いでしょう。

 

 アフィリエイトの基本は、「有名商品にのっかる」ということです。

 

 無名商品を応援するのは勝手ですが、売上にはつながりにくいです。

 

 また、ASPには日々新着の広告が登録されます。

 新着広告だけを追いかけてサイトを作っている人もいます。

 新着商品は、ライバルがほとんどゼロなので、サイトを作っても上がりやすいです。

 

 SEOで上位表示も大切ですが、参入ジャンルや広告を選んで、上位表示に苦労をしないということも大切なアフィリエイターの仕事だと思います。